万の妖怪記

妖怪達の住む異世界に迷い込んでみました。

万の妖怪記

妖怪図鑑 其の一 お化けモグラの栗吉

栗吉1

初めての妖怪図鑑

第一の妖怪は【お化けモグラの栗吉】

でございます。

 

彼は元々人間の彫師でしたが

呪いによってモグラの妖怪の姿にされてしまいました!

 

呪いを解く方法は人間だった時の自分の本当の名前を思い出す事

名前は私たち生き物にとって第二の命と言われる位大事な物です

 

その名前に呪を掛けて縛られれば解くのは容易ではありません

 

呪いは何処でどう掛かってしまったのか

それは栗吉のみが知っている事

 

師から受け継いだ自分の彫針のせいなのか──

他の異世界から来た何者かが呪いを掛けたのか──

自分の背に彫ってある土竜の刺青が命を持ってしまったのか──

 

幾つもの噂があるがどれも当てはまるのかもしれない

 

モグラの妖怪になってしまった彼は

“妖怪の郷” と呼ばれる人間界とは掛け離れた

妖怪だけが住む異世界に暮らさざるおえなくなってしまったのです。

 

どうやっても名前を思い出せない栗吉は

妖怪の郷で人間だった事を半分覚えているも

時間が経つにつれ忘れる事も多くなっていると言う──

 

怒れば異形の妖怪に変化する事もある

何度もその姿になれば人間であると本当に忘れてしまうらしい

 

今は気が合う妖怪仲間と共に暮らしている栗吉

いつかまた人間に戻れる日は来るだろうか? それは何者も知らない。

↓イラストお仕事募集中↓

お化けモグラは荒れています

栗吉漫画1

栗吉漫画2

栗吉漫画3

栗吉漫画4

お化けモグラの栗吉さんは最近荒れてます

人間に戻りたいんでしょうな…

 

でもこの丸くて茶色い毛玉の妖怪もいいじゃないっすか?

足が短くて目が悪くて全体的にチンチクリンでも大丈夫

それも個性ですよ、栗吉さん ( ´艸`)ププ

笑ってんじゃね──!!!

いやはやすいません。

でも妖怪の郷の仲間達には気に入られてるみたいですよ

“モグさん” なんて愛称で呼ばれてるしね

 

人間だった時刺青の彫師さんだったそうで…

カッコいいけど私からは想像も付かない不思議な仕事ですね

 

噂では人間だった時の栗吉さんは特別な彫師だったと

何て言うか……

背に彫るものは必ず妖怪でそれが命を吹き込んだように見えるとか

 

彫師の中では異色でかなり一目置かれていた様子ですね~

噂では刺青の妖怪が入れた人間に憑依してしまうなんて事も…

 

モグラの妖怪になってしまったのも偶然の呪いではなく

意外と必然だった様な気がします。

 

お化けモグラの栗吉

これからどんな試練があるか、今は酒でも飲んでゆっくりしましょうや

栗吉さんの背中

栗吉さんの刺青

栗吉さんの背中には土竜の刺青が彫ってあるそうです。

今は毛むくじゃらでみえませんけども

栗吉さんの師匠が彫ってくれた刺青だとか…

 

この刺青を彫った後栗吉さんの師匠は

お亡くなりになったとの事です。

 

深い思い出になりますが

自分がモグラの妖怪になってしまうなんて

想像しなかったでしょう。

↓イラストのお仕事募集中↓