万の妖怪記

妖怪達の住む異世界に迷い込んでみました。

万の妖怪記

妖怪まるかじり。

里田桑の茶28号

妖怪の郷へようこそ!

みなさん、妖怪達の住処…“妖怪の郷”へようこそいらっしゃいました。

ここは妖怪達だけが住んでいる言わば異世界って処です

私は「里田桑の茶28号」って言う、人間ですが

ある日ひょんな事からこの“妖怪の郷”に迷い込んでしまいまして…

不思議な事に妖怪達に人間とバレる事もなく、それどころか

「カラフルなイカの妖怪」と思われたらしく

疑われる事も無く馴染んでしまっているんです。

 

ってなワケで面白いので勝手に「万(よろず)の妖怪記」と言うブログを

作って色んな妖怪達の暮らしや生態を記録しようと思ったワケです。

 

ちなみに私の自己紹介を一応

珈琲とカップ麺が好きな偏食系なヤツ

納豆にはネギと卵(ナマ)を一個入れて食べるのが好きです。

現実逃避したい時に妖怪の郷に不意に迷い込めるよう

ペットは10年以上飼っているミドリ亀。

最近かなり巨大になった為、こいつも妖怪なんじゃね~か?なんて

呟きながら水槽をワンランク大きくしたらその重さに水槽の掃除が大変に

なってヒーヒー言ってます。

だけども、妖怪の郷の大亀はもっと巨大で凶暴だって話だから

我が家のミドリ亀はまだ良い方でしょうね…性別はオスらしい。

あ、妖怪の大亀の方はメスなんだそう。

★是非とも珈琲の香りを楽しみながら読んで下さい★

↓↓青海珈琲はコチラをクリック↓↓

妖怪達が良く集まる家

妖怪漫画1

さて、妖怪の郷に話を戻します。

今日も懲りずにフラリと迷い込んでいるのですが

妖怪の郷には“妖怪達が良く集まる家”があるんですよ

私が妖怪の郷に迷い込んだ時、最初に来たのもこの家でした。

今は「お化けモグラの栗吉」と言う毛玉みたいなモグラの妖怪が住み着いて

いるんですが、元々は妖怪達が集まる郷の集会所だったようです。

 

所でこのお化けモグラの栗吉、本当は人間だったのに妖怪にされてしまったとか

言っていますが、そこの処は良く解らないので何時もスルーしていますが

確かに人間っぽい処があるような無いような…

見かけはブサカワな目の小さい変な生き物なんで到底人間だった面影も見あたら

ないんですがね…

まあ、その話はいずれするって事にしましょう。

 

で、その集会所に常連の妖怪達が集まってくるんですよ。

皆さんも良く知っている有名なあの妖怪とか…

稀に見た事のない珍しい妖怪とか、人間みたいな姿でもの凄い美形の妖怪とか

まさに万(よろず)の妖怪達が見れるワケです!

私はこんな楽しい場所は無いと思っています。

現実世界よりもこの異世界は唯一自分が溶け込める場所なのですよ。

そんなワケでブログ1記事目を記念して、お祝いに大好物のカップ麺を持って

妖怪達の集会所に、今日もやって来ました。

藁葺き屋根の昔ながらの家

妖怪漫画2

妖怪達の集会所は昔ながらの茅葺屋根で

良く見ると、茅葺屋根のてっぺんには一初が植えられているんです。

一初って言うのは菖蒲(アヤメ)の事でして、春になると

一番早く咲き始めるからそう言うのだと。

まあ、もっと早く咲き始める植物はあると思いますが

それを茅葺屋根のてっぺんに何で植えてるのか謎でした…

園芸のおしゃれ感覚でやってるだけかと思ったらどうやらちゃんとした

目的もあって、菖蒲は乾燥に強い植物なので茅葺屋根に沢山植える事によって

根っこが強く締め付けるので屋根を補強して大風で崩れたり、火災で燃え難くなったり

オマケに魔除けに利くらしいのです。

魔除けって…皆妖怪じゃん、って思うんだけれども、妖怪の中でも

かなり邪悪な者も居て、そういう輩がこの一初(アヤメ)を嫌って

近寄って来ないとの事。

その妖怪は「禍神(まがかみ)」と呼ばれ

妖怪達の中や、八百万の神様までも手を焼かせる厄介なヤツらしい…

何でアヤメが嫌いなのかは良く解らないんだそうだけど

兎に角アヤメがあるだけで逃げていくらしいです。

妖怪達って言うのはまだまだ謎が多くて奥深い生き物ですわ…

妖怪は何でも喰う!?

妖怪漫画3

皆さん、妖怪って何が好きだと思いますか?

ってか、まず何を食っていると思います?

妖怪達も人間と同じで、雑食性なんですよ!!

だけど中には白粉しか食べないとか、キュウリばっかり食っている

偏食なヤツ等もいるんです。

怖いのは人間や他の生き物の精力、生命力を吸い取ってしまう輩。

太古の恐竜の様に他の妖怪や人間を喰う輩がいるって事で

そういう妖怪には近寄らない方が身の為ですね。

まあ、寄って来ちゃったり出合ってしまったら逃げるしかないんだけども(汗)

でも殆どの妖怪達は人間と同じように料理をしたり

魚を釣ってみたり、畑を興して野菜を作って食べたりしています。

自給自足が主ですね。後は物々交換みたいな感じで…

後々、ブログ内で紹介してゆきたいと思いますが、人間の世界にある

食べ物とは少し違ったりするのでそこも面白い処なんですよ。

え?これ食えるの?って物もあるけれどね…

妖怪の郷へどうやったら行けるのか?

妖怪漫画4

妖怪の郷にいらっしゃいって言っても

そう簡単に来れないですよね…。

次回は私がどうやって妖怪の郷に辿り着いたのかお話しようと思います。

って、言っても私も“迷い込んだ”と言うほうが正解かもしれませんが

漫画を交えてお話してゆこうと思うので宜しくお願いします。

 

ではまた、妖怪の郷より。