万の妖怪記

妖怪達の住む異世界に迷い込んでみました。

万の妖怪記

妖怪の漫画

心器~ジンギ~ 第3話

ぶつぶつ文句言いながら居間の方へ歩いていく 婆ちゃんの家は古い蔵とか色々あってそう言う番組とか 来ても良い位に年代物があるの 居間の掛け軸をふとみると 婆ちゃんが座っていた… あれ?台所に居たんじゃなかったっけ? 婆ちゃんはちょこんと座って 変な…

心器~ジンギ~ 第2話

突然耳元に生暖かい吐息が…! 鳥肌がぞわぞわと立って私はつい悲鳴を上げる 妖怪…ではなく私の今年90歳になる婆ちゃんが笑いながらそこにいた ウチの婆ちゃん毎回来る度に人の耳に息を吹きかけて 驚かすのよね 私が耳弱いの知ってるクセに意地悪でしょ!?…

心器~ジンギ~ 第1話

私は『雨傘 雫』。 今年で高校2年生になるの 夏休みはいつもお婆ちゃんの家で両親と一緒過ごす事にしてる でもウチのパパとママは仕事が忙しくて いつも一緒に来られないの。 帰るときは大体一緒だけど いつも私が先に来て待っている 日にちを合わせれば両親…

十二支と妖怪の戦いを描く 【心器~ジンギ~】

寅年だから十二支の話 かなり遅れましたが あけましておめでとうございます。 今年は寅年って事で昔描いた十二支の話を ブログに載せようと思います。 三種の神器に合わせて心の器で “ジンギ” としました 三種の神器は草薙の剣、八尺瓊勾玉(やさかにの勾玉)…

第一話 一度やってみたかった妖怪 その五

笑う猫娘。可愛いけどさ~(;'∀') 怯える私に目線を合わせて ネコマタ猫娘は “にっこり” と凄く良い笑顔を見せてくれた 笑顔を返す事はこの引き攣った顔では難しい… でもどうやら敵意はないらしい それに笑顔がカワイイ 目の前に妖怪がいるなんて事等忘れてし…

第一話 一度やってみたかった妖怪 その四

ね、猫娘ちゃんだーー! ぼんやりとした白い靄の中を 恐る恐る良く目を凝らしてみると何やら女性の様な形をしている ちょっぴりもっと良く見たくなって 細い目をちょっと大きく開けてよくよくその姿を見てみると 猫耳と二股に分かれた尾を持つ “ネコマタ系猫…

第一話 一度やってみたかった妖怪 その三

初の超常現象に会いました 静まり返った深夜2時の道路に季節外れの猫じゃらしが これでもかと言うくらいに生え始める! 「えええッ!!?初超常現象!」 パニックになって思わず大声で叫んでしまった。 だがどの家も起きた気配がない まるで私の声など聞こ…

第一話 一度やってみたかった妖怪 その弐

爺さんには可愛がっていた老犬がいたし 時間が経ってしまいまたが前の漫画の記事に続く話… 前の記事をおさらいしたい方はコチラ↓をご覧ください。 www.yorozunoyoukaiki.net さて、話は変わって “三つ目地蔵” を作った変わり者の爺さんの話です。 この爺さん…

第1話 一度やってみたかった妖怪 その壱

それは深夜の出来事でした…! 妖怪に出会った話をする前に私が家の話を少しさせて頂きます。 私の家は借家の一軒家なんですがね、結構古い家なので色んな処にガタがきてるんです 特にドアが凄くって、開けたら壊れるんじゃないかってぐらい。 鍵も掛からなく…