万の妖怪記

妖怪達の住む異世界に迷い込んでみました。

万の妖怪記

Google様のメールフォームを自分風にカスタマイズしてブログに付けてみました!

ブログにメールフォームは憑き物だとの事で Google様からメールフォームをお借りするべく早速 喜び勇んでメールフォームを作りました! そして早速ブログに装着……すると…!? 何か不格好だね…(ポソリ) いや、このフォーム自体は素晴らしいのだけど変なスクロ…

妖怪図鑑 其の一 お化けモグラの栗吉

初めての妖怪図鑑 第一の妖怪は【お化けモグラの栗吉】 でございます。 彼は元々人間の彫師でしたが 呪いによってモグラの妖怪の姿にされてしまいました! 呪いを解く方法は人間だった時の自分の本当の名前を思い出す事 名前は私たち生き物にとって第二の命…

( ´艸`)はじめに読んで欲しい記事をもう一度書き直しました。

今更ですがもう一度はじめまして。 改めまして里田桑の茶と申します。 ピンクの変なフードおばさんから 妖怪の郷に来て “太った龍” の妖怪に変化してしまいました 前は赤やピンク何かを多めに使っておりましたが 最近色々環境の変化から青系統が好きになって…

★イラスト等のお仕事を募集しています★

現在イラストやロゴマーク等のイラストのお仕事を募集しております。 妖怪以外も描けるのでお気軽にご相談下さい。 絵の種類 ◎ロゴマーク (文字入りも可能です) ◎イラスト (全身図・背景等) ◎lineスタンプ ・広告漫画等の制作 ◎ウェブサイトのアイコンやバナ…

口裂け女さんはキレ易い 其の一

↓お仕事のご依頼は↓ 都市伝説の有名なあの妖怪様です 都市伝説で有名なあの妖怪… “口裂け女” さんをご存じとは思います。 私にとっても大好きな妖怪ですので前々から漫画描いてみたいと思っていたのです でも実際に口裂け女さんに出会ったらどうするのか 逃…

第一話 一度やってみたかった妖怪 その五

笑う猫娘。可愛いけどさ~(;'∀') 怯える私に目線を合わせて ネコマタ猫娘は “にっこり” と凄く良い笑顔を見せてくれた 笑顔を返す事はこの引き攣った顔では難しい… でもどうやら敵意はないらしい それに笑顔がカワイイ 目の前に妖怪がいるなんて事等忘れてし…

第一話 一度やってみたかった妖怪 その四

ね、猫娘ちゃんだーー! ぼんやりとした白い靄の中を 恐る恐る良く目を凝らしてみると何やら女性の様な形をしている ちょっぴりもっと良く見たくなって 細い目をちょっと大きく開けてよくよくその姿を見てみると 猫耳と二股に分かれた尾を持つ “ネコマタ系猫…

第一話 一度やってみたかった妖怪 その三

初の超常現象に会いました 静まり返った深夜2時の道路に季節外れの猫じゃらしが これでもかと言うくらいに生え始める! 「えええッ!!?初超常現象!」 パニックになって思わず大声で叫んでしまった。 だがどの家も起きた気配がない まるで私の声など聞こ…

フリーソフトを使って妖怪の動画を初めて創ってみました。

動画なんて初めて創ったよ! YouTubeにTwitter……今やそこら中に動画が溢れかえってますね そんな動画制作に憧れて自分でも創ってみたいと思っていたワケです。 ですがそんな簡単に動画なんか創れないだろうし そんなソフトを動かせる様な技術も知識も無いの…

噂のイラストACに登録してみて早3か月…分かった事

噂のイラストACに登録してみました さて、創作の妖怪ブログですがたまには別の事もお話致します。 イラストACをご存じですか? 結構有名なので知っている方々も多いと思いますが “ 無料で色んなイラスト素材をダウンロード出来るお役立ちサイト ” です。…

第一話 一度やってみたかった妖怪 その弐

爺さんには可愛がっていた老犬がいたし 時間が経ってしまいまたが前の漫画の記事に続く話… 前の記事をおさらいしたい方はコチラ↓をご覧ください。 www.yorozunoyoukaiki.net さて、話は変わって “三つ目地蔵” を作った変わり者の爺さんの話です。 この爺さん…

“初代” 万・妖怪記 後書き

後書きでございます。 ↓格安ドメイン 久方振りの更新でございます。 新年が明けてもはや後一日で2月になってしまいますね(汗) さて、初代【万・妖怪記】いかがでしたでしょうか? これはかなり昔描いたモノでしたが意外と見れるもんですね~ 絵がまだ練習中…

“初代” 万・妖怪記 第30話 (初代妖怪記はこれで完結です)

初代妖怪記はようやく完結です \私もイラスト投稿させて貰ってます(やっとこ2枚)/ 其の四十八 栗吉は遥か昔の事を思い出す… 遥か昔、まだ栗吉達が人間と共存していた時の事 栗吉達の居た村では 妖怪を怖がる事無くむしろ隣人の様な存在だった 「よく寺の…

“初代” 万・妖怪記 第29話

露天風呂入りてえ~★ \自分のドメインを選ぼう/ 其の四十六 「んじゃ、好きなだけここに居ろや、泊めてやるぞ…俺ん家!!」 のぼせそうになって先に上がった栗吉が持っていた布で “ペシペシ” とオッサンみたいに股をはたいて湯を拭いながら徐に言った 仮に…

“初代” 万・妖怪記 第28話

皆、元に戻ってよかっただず~♪ \安い価格で自分好みのドメインを見つけよう/ 其の四十四 変化したお鈴の尻の下でビリーがヘロヘロになって “どいてぇ~” と、力なく呻いているが、仕返しとばかりにお鈴はどかない それを見ながら金爺が細かく笑っていた …

“初代” 万・妖怪記 第27話

尻叩きが激しいっての! \自分のドメインを探そう★/ 其の四十二 栗吉は狂ったように激しく紐パン一枚のビリーの尻を叩き続ける 『さっきの尻のお返しじゃ───!!!』 どうやらビリーの創り出した藤蛙に 尻を焼かれた事をまだ覚えていて根に持っているらし…

“初代” 万・妖怪記 第26話

ブログのアドレス変わりました \安い価格で好きなドメインが見つかる/ 其の四十 『砂根みみず』 栗吉は巨大な友達ミミズの名前を呼んだ “砂根みみず” と言う妖怪らしい…式神ではなくれっきとした妖怪だ その巨大な根ミミズはビリーの創り出した 藤蛙の大き…

“初代” 万・妖怪記 第25話

ビリーとそんな因縁があったんだな~ \お気に入りのドメインを探そう/ 其の三十八 襲いかかる火の粉を熱がりもせず 栗吉はビリーをキリリと睨んだ 『どんな理由であれ、俺の友を傷付ける奴ぁ許さねぇ!!!』 灼熱から来る幻影か…それとも本当にそこに居た…

“初代” 万・妖怪記 第24話

女陰陽師もいいよね~♪ \価格が安いのに素敵な自分だけのドメインが見つかる/ 其の三十六 「そうよね…私達人間は勝手過ぎるわね…」 女陰陽師はうつ向きながら目を閉じてゆっくりとそう言った 言葉を噛みしめるような…それでいて何かを決心したような口調だっ…

“初代” 万・妖怪記 第23話

ワシもこう見えて変化妖怪だず~★ ☟ブログ制作するなら☟ 其の三十五 尖葉子のビリーは変化した栗吉の姿を見て あの女陰陽師を思い出した… ビリーにとっては苦い記憶なのだろう 目の中は血の様に赤くなり 美しい顔立ちがみるみる怒りで鬼の形相になっていった…

“初代” 万・妖怪記 第22話

栗やんが可愛い女子になっただず~♥ 其の三十三 変化の煙に包まれて何者かが現れる 白い靄から除くその影は栗吉にしてはかなり大きい 術が解けてただの大きなオタマジャクシになった尖御玉が下に転がっている その一匹を手に持って 佇むのは栗吉ではなく知ら…

“初代” 万・妖怪記 第21話

オタマジャクシに襲われる俺 其の三十二 “ぐあ” ビリーの呪術で作り出された尖御玉は容赦なく栗吉を 喰らおう襲って来る! 栗吉は葉っぱにされてしまったお鈴と 下に転がっていた金爺の葉っぱを拾って双方に語り掛ける 『スズ!!金爺!!妖力(ちから)を借り…

“初代” 万・妖怪記 第20話

魂だけにオタマジャクシ 其の三十一 『坊やの体は今、アタイのモノなの♥』 尾をもたれていたキクが頭に飾ってあるオタマジャクシを 自分の顔に近づけて “(*´ε`*)チュッ” っと軽いキスをする 「だ・か・ら、この姿が坊やの魂ってワケ♥」 ビリーは喜々として栗吉…

“初代” 万・妖怪記 第19話

キク坊の魂がオタマジャクシにされてるだず~! 其の三十 『ふざけんなぁ───!!!このオカマ妖怪───!!!』 尻を焼かれたのと仲間を葉っぱにされたのと色々交じり合って 怒りが湧いてきたのか… 栗吉は狂ったように尖葉子のビリーにありったけの罵声を浴び…

“初代” 万・妖怪記 第18話

この蛙腹から酸が出んの!?危なっ★ 其の二十九 フジガエルは口を閉じ、中に何かを溜めながら モゴモゴと動かしている… まったりと目を閉じて特に動く気配は無い 大きいだけの木偶の坊か…? “ビュ” 突如フジガエルが大きな口を開けたと思ったら 長い舌をハエ…

“初代” 万・妖怪記 第17話

グラグラと地が揺れて地中から巨大な生き物が這い出て来る ───蛙だ! しかも巨大な蛙 光藤の巨木を根から体に纏って尚且つ巨大に見える フジガエルとでも言おうか 恐らく良く出会う “暴れツチガメの朱美” よりずっと巨大だろうか… これで暴れなければ良いが…

“初代” 万・妖怪記 第16話

「うおおっ!!地面が!?」 光藤の大樹に呪いの葉が取り憑いた後 地面が “ぼこ ぼこ” と波打ちはじめ隆起しだす それはまるで冬眠から覚めたカエルが地面から出て来る時の様な そんな地面の動きに似ている 栗吉は動く地面に短い足を取られながらも 一生懸命…

“初代” 万・妖怪記 第15話

「あん♥アタいの美貌にメロメロ?いいわよぉ♥ちょっぴりなら触っても…♥」 男気のあったキクと違ってこの妖怪はオネエ気質のようだ くねくねと尻を振る変な奴を見て栗吉は鳥肌が立った 「おえっ!?キモっ!!コイツ存在がウゼーよ!!!」 この妖怪が社に封…

“初代” 万・妖怪記 第14話

不穏な妖気が辺りを取り巻き、突然静けさが訪れる 全ての光藤の葉を体に纏った妖怪は変化を終え 暗い霧の中からその姿を現す… 「やぁっと外に出られたわぁ♥」 声も髪の色も、人間の青年キクと全く違うその姿は 妖怪・尖葉子のビリーそのものだ! 「この坊や…

“初代” 万・妖怪記 第13話

『にょ!?』 「え!?」 “ぺたん” と、金爺は頭に、お鈴は豊満な胸に突如として白樺の葉がへばり付く それは妖術の掛けられた呪いの白樺の葉… あの葉っぱの妖怪が得意とする葉呪である!! ぼふ───!! 驚く程の強力な妖力によって金爺とお鈴は あっと言う…